格安のレンタルサーバーを利用する時にはこんなところに注目しよう

格安のレンタルサーバーは、大手法人から個人事業主までビジネスに欠かせないサービスとして普及しており、中でも長期にわたり低コストで使用可能なサーバーの運営会社に対するニーズが高まっています。こうしたサービスを利用する際は、数社の料金体系を理解するのはもちろんのこと、サポート対応の有無や容量、過去の導入実績といった重要な点を確認しておく必要があります。

⇒法人向けレンタルサーバーの選び方を詳しく紹介

長期にわたり同じサーバーを利用するなら割引制度がある会社に目を向けよう

レンタルサーバーは様々な用途のために活用できますが、長期にわたり同じサーバーを使い続けたい場合には、法人を対象とした割引制度がある会社を契約先の候補に入れるのがおすすめです。レンタルサーバーの提供を行っているIT関連企業の中には、リピーター向けに格安の料金プランを用意したり、契約更新時の費用が掛からないようにしたりしているところが少なくありません。

そこで、予算の範囲内で理想的な形でレンタルサーバーを利用するうえで、法人顧客へのサービスが充実している会社の資料をチェックしたり、気になる会社の担当者に電話やメールで相談をしたりするのが有効です。

レンタルサーバーの長期割引が適用されるケースについては、各社の法人顧客向けのホームページに掲載されていることがあるため、なるべく将来の出費が少なくなるように日ごろから計算をしておくのも良いでしょう。

なお、格安のレンタルサーバーの契約時期によって毎月の利用料金に差が出ることもあります。こうした問題を防ぐには、年間を通して全ての顧客を対象に良心的な価格でレンタルサーバーの提供をしている会社を優先的に探すことが重要です。

サーバーのエラーに備えるために万全のサポートがある会社を選ぼう

格安のレンタルサーバーを導入した後に、アクセスの殺到やウイルスなどによるサーバーのエラーをはじめとした問題を迅速に解決するには、専門の技術者による万全のサポートが行われている会社を選ぶことが肝心です。大手のIT関連企業の中には、レンタルサーバーの利用契約を結んだ顧客に対して、年中無休でサポート対応を行うため、営業時間を延長したり顧客専用のコールセンターを設置したりしているところも少なくありません。

また、具体的なサポート対応の内容やその都度掛かる費用について、個々の顧客に対して分かりやすく説明をしている会社も増えているため、じっくりと頼りになる会社を探しましょう。格安ながらサポート対応がしっかりとしている会社については、IT系の専門誌やポータルサイトなどで特集が組まれることもあります。

そこで、契約先の決め方について迷っている場合には、日ごろから色々なメディアを使って情報集めをすることも大切です。その他、熟練のネットワークエンジニアやシステムエンジニアにサポートをお願いする際は、時期や曜日によって対応に時間がかかってしまうこともあるため、できるだけ余裕を持って担当者とコンタクトを取りましょう。

コーポレートサイトや通販サイトの運営をするなら大容量のサーバーがおすすめ

コーポレートサイトや通販サイトの運営を目的として格安のレンタルサーバーを契約したい時には、サイトの訪問者の負担が少なくなるように、大容量のサーバーの導入を検討することが重要です。多くの大企業や通販サイトの経営者の間で選ばれているレンタルサーバーの中には、大容量ながら毎月の費用の負担が少ないものもたくさんあるため、時間の許す限り色々なサーバーの特徴を比較するのがおすすめです。

一般的に、大容量のレンタルサーバーを年単位で利用し続ける場合には、契約先の方針やプランの種類にもよりますが、月々数万円から十万円程度の費用が発生します。そうした中、なるべく出費を減らすうえで、早いうちから格安のレンタルサーバーの契約者数が多い会社の資料を請求したり、営業担当者と毎月の費用に関する交渉をしたりするのも有効です。

大容量のサーバーの使い勝手については、実際に導入をしてみなければ判断できないこともあるため、必要に応じて同業他社のレビューに目を通しておくのも良いでしょう。なお、頻繁にレンタルサーバーの契約先を変更したくない場合は、営業担当者との相性や技術者のスキルなどにこだわって、長く付き合えるか見極めをするのがおすすめです。

⇒どんなサーバーを選べばいいの?レンタルサーバーの種類と選び方を紹介

数社のレンタルサーバーの過去の導入事例に目を向けよう

どのような格安のレンタルサーバーが自社の目的に合うのか判断が難しい場合には、数社のレンタルサーバーの過去の導入事例に目を向けるのがおすすめです。顧客満足度が高いレンタルサーバーの運営会社の中には、様々な立場の顧客から支持されているレンタルサーバーの特徴をホームページ上で紹介するだけでなく、実際にサーバーを導入した企業の口コミを掲載しているところもあります。

そのため、妥協せずに理想的なレンタルサーバーを見つけるために、余裕を持って全国対応をしている運営会社の取り組みを比較することが肝心です。また、年間の格安のレンタルサーバーの導入件数が多い運営会社と契約をするにあたっては、都合が良いタイミングで導入ができるか担当者に質問をしたり、サーバーのスペックや操作方法など大事な点を確かめたりすることが大事です。

その他、レンタルサーバーを導入してから後悔しないためにも、料金の安さばかりでなく、色々なタイプのサーバーについて調べて、実用性やサービス対応にもこだわりましょう。

初めてレンタルサーバーを使うならお試し期間を利用しよう

初めて格安のレンタルサーバーの契約をするにあたっては、お試し期間を利用して自社の事業内容や日々の現場の業務に合うかどうか判断をするのがおすすめです。法人顧客をメインにサービスを展開しているIT関連企業の中には、導入後のミスマッチをなくすため、レンタルサーバーのお試し期間を長く設定したり、期間中の利用料金を安くしたりしているところもたくさんあります。

そのため、ニーズに合うレンタルサーバーを探すために、お試し期間中のサポートが充実しているところにお世話になると良いでしょう。なお、お試し期間の後も引き続きレンタルサーバーを使う予定がある場合には、各種手続きの方法が分かりやすい契約先を選びましょう。

格安のレンタルサーバー導入時のチェックポイント

格安のレンタルサーバーを自社内に導入するにあたって、月額料金の安さだけでなく、どのようなサポートを受けられるのか確認したり、各社の営業担当者や技術者の対応を調べたりすることも大切です。また、目的に合うサービスを見つけるうえで、気になる会社のお試し期間を利用して色々なレンタルサーバーを実際に使ってみるのも良いでしょう。

⇒無料のレンタルサーバーでもjavascriptを使えるのか