高性能なレンタルサーバーを利用しよう!選ぶ時にチェックしておきたいポイントを紹介


ホームページを運営するために、レンタルサーバーを利用している人も多いのではないでしょうか。レンタルサーバーは色々なサービスがあるので、どれを選べばよいか迷ってしまうかもしれません。せっかく選ぶなら、少しでも高性能なレンタルサーバーを選びたいところです。

今回はレンタルサーバーを選ぶ時にチェックしておきたいポイントを紹介します。

⇒学生でもレンタルサーバーは借りれるの?かかる費用とおすすめサイトを紹介

ホームページやブログを開設する時に欠かせないレンタルサーバー!

レンタルサーバーというのは、ホームページやブログを開設する時に必要になるサーバーを借りられるサービスです。サーバーは自分で管理することもできますが、専門的な知識が必要ですし手間もかかるということで、レンタルサーバーを利用するのが主流になっています。

ホームページやブログは、ただ作るだけではネット上に公開することができません。サーバーを借りて、そこにアップロードすることで初めて公開できるようになるのです。企業や個人のホームページを、少しでも手軽に作りたいと考えている方は、レンタルサーバーを利用しましょう。

レンタルサーバーにはいくつか種類がある!

レンタルサーバーにはいくつか種類があるので、目的や予算に合わせて選ぶ必要があります。一般的によく利用されているのが、共用サーバーです。共用サーバーというのは、複数のユーザーで1つのサーバーを共有するタイプになっています。

1ユーザーの負担が少なくなるので、安くサーバーを利用できるのが魅力です。個人用のホームページやブログを作る時、初めてサーバーを利用する人に向いたタイプと言えます。専用サーバーは、共用サーバーとは違い1つのサーバーを1ユーザーが独占して使用できるタイプです。

料金は高くなってしまいますが、他に使用する人がいないので、自由に使うことができます。共用サーバーはサーバーの設定が制限されていることが多いですが、専用サーバーであれば自分好みの設定にできます。ただし、自由度が高い分ある程度の知識が必要になるので、初心者にはあまり向いていないかもしれません。

共用サーバーと専用サーバーのよいところを合わせたものが、仮想専用サーバーです。VPSとも呼ばれるもので、共用サーバーのように複数のユーザーで1つのサーバーを利用することになりますが、サーバー領域が分けられているので特定の領域であれば、自分の好きなように使うことができます。

必要とする容量、設定の自由度、予算などを見て自分に合ったタイプのサーバーを選ぶようにしましょう。

⇒複数のウェブサイトを簡単に公開したいときはレンタルサーバーを活用しよう

利用者の多さで使用できるサービスかを見極めよう!

レンタルサーバーを選ぶ時は、信用できるサービスか見極めることが大切です。色々な要素をチェックする必要がありますが、一番分かりやすいのが利用者数でしょう。利用者数が多いということは、高品質なサービスを提供している可能性があります。

使ってみて悪いサービスだと感じたら、ほとんどの人が利用をやめてしまいますよね。大勢の人が長期に渡って使い続けているということは、何かしら理由があるはずです。利用者が多ければ質が高いと決めつけることはできませんが、1つの目安にはなると思います。

良さそうなレンタルサーバーを見つけたら、どの程度の人が利用しているかチェックしてみるとよいでしょう。

様々なプランが用意されているかどうか!

プランが充実しているかどうかも、レンタルサーバーを選ぶ時の重要なポイントです。プラン数が多ければ、それだけ選択肢の幅が広がります。例えば専用サーバーを利用したいのに、共用サーバーのプランしか用意されていなかったら意味がありませんよね。

また、自分が必要とする以上の容量のプランしかないと、無駄に高い料金を支払うことになるかもしれません。容量が少ないプランや多いプランなど、サーバーの種類ごとに色々なプランが用意されていれば、自分に合ったプランを選びやすくなります。

⇒どんなサーバーを選べばいいの?レンタルサーバーの種類と選び方を紹介

サーバーのスペックを見て選ぶ!

サーバーにはスペックがあり、利用するレンタルサーバーによってスペックが変わってきます。特に重視したいのが、CPUとメモリ、転送量です。CPUは処理能力にあたるもので、CPUのクロック周波数が高ければそれだけ処理能力が速いということになります。

メモリは一時的に情報を保存しておくスペースのことで、メモリが多ければ同時に複数の作業をする時もスムーズに作業できます。転送量は、サーバーに保存されているデータにアクセスできる容量の制限です。転送量が少ないと、複数のアクセスがあった時にサーバーに大きな負荷がかかり、アクセスできなくなるケースがあります。

転送量が多いほうが、多くの人が快適にホームページを閲覧しやすくなるということです。企業で使うホームページは、サーバーの安定性も必要になるので、転送量が多い高性能なレンタルサーバーを選ぶとよいでしょう。

サポートが充実しているかチェックしておく!

ホームページを運営していると、サーバーにトラブルが起こることもあります。その時に、しっかりサポートをしてくれるサービスかチェックしておくことが大切です。サーバーに詳しい人であれば自分で対処できるかもしれませんが、初心者の方はそうはいきません。

急にホームページが見られなくなってしまった、サーバーの設定がよく分からない、そういう時にサポート体制が充実しているサービスなら、すぐ対処してくれます。電話サポートに対応しているか見ておくとよいでしょう。

メールやチャットでサポートをしているサービスもありますが、文章だけでは伝わらないことも多いです。また、メールだと対応に時間がかかってしまうこともあります。電話サポートがあれば、電話1本ですぐにトラブルを解決してもらえるので便利です。

セキュリティ対策がされているかも重要!

ホームページなどを運営する時に、重要になるのがセキュリティ対策です。サーバーにはホームページを公開する機能だけではなく、メールを送受信するような機能もついています。ウイルスに侵されると、メールのやり取りをしている時に重要な情報が外部に漏れてしまう危険性があります。

企業が運営しているホームページで、情報漏洩が起こると死活問題になります。セキュリティ対策がしっかりされているサービスか、しっかりチェックしておきましょう。

高性能なレンタルサーバーを利用しよう!

ホームページを運営する時は、どのレンタルサーバーを利用するかによって、運営のしやすさや安全性が変わってきます。大切なのは、高性能なレンタルサーバーを選ぶことです。利用者数は多いか、プランの数が充実しているか、セキュリティ対策は万全かなど様々な要素をチェックする必要があります。

色々なレンタルサーバーを比較して、自分に合ったサーバーを探してください。